ポスレジは小さなお店の店長の強い味方

ポスレジを導入してサービスの向上アップに繋げる

ポスレジとはなにか、聞いたことございますか?ポス(POS)とはpointofsaleの略です。ポスの意味ですがポスシステムやポスレジを省略した呼び方がポスとなります。スーパーなどのレジに使用されているポスレジはお客様がスーパーなどで商品をお買いものする際、商品の値札のバーコード情報を専門の機械で読み込みその商品のデータ(部門、品名、値段)などをシートに印刷します。その際にレジ本体のメモリーにも各種さまざまな情報の記録を行います。
その記録されたデータを集計、分析しどの商品が人気なのかなどを素早く確認する事が出来ます。商品の補充がスムーズにでき店舗の商品の在庫確認が簡単に出来ます。また、いつ、どんなお客様がどのような商品を買っていただいたかなどを記録し集計することでサービスの向上になる他売上データを分析し、商品の回転率を上げる事が出来ます。また不良在庫も必ず出てきます。そのような不良在庫をいかに早く見極めて減らすことがお店にとっての経営資金の負担を減らすことができるでしょう。
このポスレジを採用し、いち早くお店にかかっていた負担を除く事がこれからのお店を運営していく上で大切な事と言えるでしょう。ポスレジはお客様に対するサービスの向上に必ずつながります。

最新のポスレジで導入してレジ締めも自動に

レジというと、バーコードを読み取ったり、キーを叩いたりして、清算をする機械のことですが、一般的なタイプのレジはいろいろと面倒な作業をしなければなりません。まず操作を覚えるまでが大変です。バーコードで読み込めるものなら大丈夫ですが、限定商品だったり、そもそもバーコードがないものになると手打ち入力をしなければならず、値段の打ち込みミスなどが起こる原因となります。
もうひとつはレジ締めです。これは閉店後に、レジの中にあるお金と売り上げデータが一致するかどうかを確認する作業ですが、金額がちょっとでもズレていたりすると、マイナス分はどこに行ったのか調べなければなりません。慣れていない新人さんだと、非常に緊張する作業でもあります。このように、旧来型のレジは煩雑で問題点があったのですが、最近ではタブレット端末のポスレジというものが存在します。
このポスレジの長所は何といっても、扱いやすさです。スマホをお持ちの方なら、直観的にタップ操作できるので、金額を打ち間違えるリスクがぐっと減ります。さらに最新型のポスレジになりますと、面倒なレジ締めも自動でやってくれます。いいことずくめですが、それでいて場所もとらないので、小さな店舗を経営されている方にも最新型のポスレジはオススメです。

新着一覧

2017年08月23日
ポスレジは小さなお店の店長の強い味方を更新しました。
2017年08月23日
ポスレジでレジの打ち間違えがなくなるを更新しました。
2017年08月23日
タブレット端末型のポスレジもあるを更新しました。
2017年08月23日
レジ業務の効率化を進めてくれるポスレジを更新しました。

イチオシ記事

ポスレジは小さなお店の店長の強い味方

ポスレジを導入してサービスの向上アップに繋げる ポスレジとはなにか、聞いたことございますか?ポス(POS)とはpoin…

もっと読む

ポスレジでレジの打ち間違えがなくなる

ポスレジって役に立つの? ポスレジはポイント的にセールスの記録をすることができるレジスターになります。つまりは販売時の…

もっと読む

タブレット端末型のポスレジもある

携帯端末がポスレジの未来を変える 購入した商品データを管理したり、天候などを考慮した商品展開を知らせてくれる機能を持つ…

もっと読む

Copyright(C)2017 一台で面倒な集計作業を一手に引き受けてくれるポスレジ最新事情 All Rights Reserved.