レジ業務の効率化を進めてくれるポスレジ

ポスレジのデータ活用

コンビニエンスストアなどで商品を購入したとき、レジを打ってくれる店員さんが最初に1つ何かのキーを押しているのに気付いたことがある人は多いのではないでしょうか。一見レジの操作を始めるために必要なロック解除の操作をしているようにも見えるかもしれませんが、実はそうではないんです。
コンビニエンスストアをはじめ、今ではありとあらゆる小売店で「ポスレジ」というレジが使用されています。これは、商品についているバーコードを読み取ることで、いつどの商品が売れて売り上げになったかを正確に記録し、店舗運営にかかわるさまざまな処理をカンタンにおこなえるようにするためのレジです。
実は、ポスレジは商品の情報だけでなく、顧客の情報も管理することができます。コンビニエンスストアで最初に店員さんが押しているキーはそのためのもので、レジにはお客さんの見た目から推測されるおおよその年齢(10代、20代…など)と、男女どちらなのかを入力しているんです。
ポスレジの1会計ごとにその操作をおこなうことで、どの商品がどの年代、性別の顧客層に人気なのかというデータを集めることが出来ます。そのデータを参考にして、店頭に並べる商品を決めているのだそうです。

ポスレジのメリットとは何

みなさんは、ポスレジという言葉をご存知でしょうか?ポスレジとは「Point/Of/Sale」の略で、日本語では、「販売時点情報管理」と言います。ポスレジは、販売情報を管理して、お客様との金銭の取引をしたときを管理するレジのことです。
「ポスレジのメリット」
ポスレジのメリットについて、説明していきます。ポスレジのメリットは、普通のレジと違い何が、いつ、いくらで売れたなどのデーターが、正確に記録され確認ができることです。正確に記録されることによって、在庫確認はもちろん、何曜日に何個売れたなどのデーターも確認できます。また、従来のレジだと金額を打ち込んだり、間違ったりしたときなどに時間がかかっていました。
しかし、ポスレジは商品のデーターベースが入っていますので、バーコードスキャンを連帯させるだけで大丈夫なので、大幅に時間を短縮する事ができます。また、昔のレジは大きく重いので持ち運びが大変だったと思いますが、ポスレジは軽く持ち運びにも優れたメリットがあります。
「まとめ」
ポスレジを使うことによって、受注や時間短縮ができます。また、商品データーも入っておりいつ、何個売れたなども確認できます。これからの時代、どんどんと便利な物が増えていく世の中になりそうです。

新着一覧

2017年08月23日
ポスレジは小さなお店の店長の強い味方を更新しました。
2017年08月23日
ポスレジでレジの打ち間違えがなくなるを更新しました。
2017年08月23日
タブレット端末型のポスレジもあるを更新しました。
2017年08月23日
レジ業務の効率化を進めてくれるポスレジを更新しました。

イチオシ記事

ポスレジは小さなお店の店長の強い味方

ポスレジを導入してサービスの向上アップに繋げる ポスレジとはなにか、聞いたことございますか?ポス(POS)とはpoin…

もっと読む

ポスレジでレジの打ち間違えがなくなる

ポスレジって役に立つの? ポスレジはポイント的にセールスの記録をすることができるレジスターになります。つまりは販売時の…

もっと読む

タブレット端末型のポスレジもある

携帯端末がポスレジの未来を変える 購入した商品データを管理したり、天候などを考慮した商品展開を知らせてくれる機能を持つ…

もっと読む

Copyright(C)2017 一台で面倒な集計作業を一手に引き受けてくれるポスレジ最新事情 All Rights Reserved.