ポスレジは素早いデータ収集が可能

ポスレジのメリット

ポスレジは普通のレジと大きく違い、PCなど周辺機器との関連性があり売り上げのみならず、いつどこでだれが購入したか取引明細を細かく情報化でき、より多くの情報を得る事ができます。顧客管理はもちろんの事、何年も前の情報が見れるのでおおよその売り上げ予測が立てられるのもPOSレジのメリットです。
例えば、昨年の同日同曜日、何時にレジが動いたか、混雑した時間帯、またはレジがそこまで作動しなかった時間帯。全てが情報として出てきます、それによってシフトの調整や人員の配置、昨年は何が売れていたのか、そして今年は何が売れていて昨年とどう違うのか、天気はどうだったのか、そこまで詳しくわかるので凄く役にたつと思います。
それと同時に在庫の管理も一括してできるので、いちいちストックを見に行かなくてもすぐに調べてお客様にお伝えできます。接客の際の時間の使い方が効率よくできます。そうすることによって一人のお客様にかける時間を短縮できるので、接客速度を速めて回転率を上げることも可能だと思います。つまりポスレジを導入するということは一つのお店の経営改善に役立ち効率があがり、売り上げUPにつながる事ができる。それがポスレジの大きなメリットだと思います。

ポスレジって何?

皆さん、スーパーやコンビニなどで買い物をするときは必ずレジを通りますよね。金銭のやり取りを行うところですから、売る側としても買う側としても抜くことの出来ないプロセスです。そんな必要不可欠なレジですが、普段利用しているレジの中には、ポスレジというレジもあることをご存知でしょうか?ここでは、そのポスレジについてご紹介したいと思います。
ポスレジのポスとは、POS「Point/Of/Sales」の略語で、直訳で「販売時点」という意味になります。その、POSとレジを繋げて読むと「販売時点情報管理」と訳されます。つまり、お客さんが商品を購入した時に、商品の情報やそれに関連した情報を記録・管理するシステムを有するレジをポスレジと言います。
ポスレジで効率的に収集されたデータを用いて、店舗の改善や仕入れる商品を検討し、売上の確保に活用されています。最近では、チェーン店を展開する大手企業だけでなく、少数の店舗を構える企業にも導入され始めており、少しずつ、ポスレジによる効果が認識されてきています。
なぜ、ポスレジが活用されだしたのでしょうか?人が手でデータを入力してミスが発生したとき、その都度修正が必要になって、そのぶん対応が遅れてしまいます。しかし、ポスレジを利用すると、市場データが正確に、素早く、効率的に作成できるので、市場の動きへの対応が容易になるからです。

新着一覧

2017年08月23日
ポスレジは小さなお店の店長の強い味方を更新しました。
2017年08月23日
ポスレジでレジの打ち間違えがなくなるを更新しました。
2017年08月23日
タブレット端末型のポスレジもあるを更新しました。
2017年08月23日
レジ業務の効率化を進めてくれるポスレジを更新しました。

イチオシ記事

ポスレジは小さなお店の店長の強い味方

ポスレジを導入してサービスの向上アップに繋げる ポスレジとはなにか、聞いたことございますか?ポス(POS)とはpoin…

もっと読む

ポスレジでレジの打ち間違えがなくなる

ポスレジって役に立つの? ポスレジはポイント的にセールスの記録をすることができるレジスターになります。つまりは販売時の…

もっと読む

タブレット端末型のポスレジもある

携帯端末がポスレジの未来を変える 購入した商品データを管理したり、天候などを考慮した商品展開を知らせてくれる機能を持つ…

もっと読む

Copyright(C)2017 一台で面倒な集計作業を一手に引き受けてくれるポスレジ最新事情 All Rights Reserved.